苅尾七臣 医師 (かりおかずおみ)

自治医科大学附属病院

栃木県下野市薬師寺3311-1

  • 循環器内科
  • 主任教授

循環器科 内科

専門

循環器内科学、老年病学、高血圧と血栓症の病因並びに治療で、特に早朝・夜間高血圧に詳しい。

苅尾七臣

専門は循環器内科と老年医学で、高血圧と心血管疾患の病因・治療のエキスパートである。とくに早朝・夜間高血圧を含む血圧変動に起因する病態解明と早期発見、早期治療、予防にも力を注ぐ。心血管疾患の危険因子を有する外来通院中の患者5,000名を対象にした家庭血圧の予後予測能を評価する「日本人における家庭血圧の心血管予後推定能に関する研究(J-HOP研究 =Japan Morning Surge - Home Blood Pressure study)」をはじめ、2009年からは全国の心血管ハイリスク患者1万名を対象に、24時間血圧モニタリングを行い、心血管疾患を追跡調査する「日本人における自由行動下血圧追跡研究(JAMP研究)」を開始した。この研究を基にABPM(24時間血圧モニタリング)のデータバンク構築に尽力し、これらの研究を通じて早朝血圧コントロールの重要性を指摘。地域医療の発展に役立てたいとしている。また、新規の家庭用血圧計の開発も手がける。高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)のほか睡眠時無呼吸症候群治療ガイドライン2010、24時間血圧計(ABPM)の使用基準に関するガイドライン2010の作成委員も務める。

医師プロフィール

1987年 自治医科大学 卒業
1989年 兵庫県北淡町国民健康保険北淡診療所内科
1996年 自治医科大学循環器内科学助手
1998年 コーネル大学医学部循環器センター・ロックフェラー大学Guest investigator
2000年 自治医科大学循環器内科学講座講師
2004年 コロンビア大学医学部客員教授
2005年 自治医科大学COE(Center Of Excellence)教授・内科学講座循環器内科部門教授
2009年 自治医科大学内科学講座循環器内科部門主任教授
2014年 ロンドン大学循環器病学研究・客員教授(英国)
2016年 上海交通大学医学院・客員教授(中国)
2016年 延世大学校・学外教授(韓国)
(更新日:2017年10月4日)

「高血圧」を専門とする医師