真性大動脈瘤〔しんせいだいどうみゃくりゅう〕

 動脈瘤の部位によって、胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に分けられます。

[症状]
 動脈瘤の症状は、動脈がふくれて瘤(こぶ)をつくるものですから、さわってみると、ドキンドキンと脈うつのがわかります。大動脈瘤が胸の中にあるときは外からわかりませんが、X線で見ると大動脈が局部的にふくれているのがわかります。なんの苦痛も伴わないこともありますが、上胸部が痛いことがよくあります。進むと声がかれたり、食べ物を飲み込むにも苦労したり、呼吸が苦しくなったりします。
 胸部大動脈瘤が大きくふくれてくると、胸壁の骨をおかして、外へ出っぱってきます。腹部大動脈瘤が拡張することも多く、へそのあたりに拍動を感じて見つかります。そして、ついには破裂して出血し、死ぬこともあります。
 実際には、突然破裂して急死する以外には無症状で、胸部X線検査や腹部エコーで偶然に発見される場合が多く、ある大きさ以上の場合は、破裂を未然に防ぐために瘤の切除手術をおこないます。

[治療]
 梅毒が原因のときには胸部大動脈瘤が多く、大動脈炎のうちに根気よく何年間も梅毒の治療を続けて、病気が進むのを防がなければなりません。
 動脈瘤がだんだん大きくなる場合や強い痛みのある場合などには、破裂する危険があり、外科手術がおこなわれます。むずかしい手術ですが、かなりよい成績が出ています。胸部大動脈瘤では5.5cm以上、腹部大動脈瘤では5.5cm(女性では5.0mm)以上あると手術しておいたほうが安全です。
医師を探す