無痛分娩

■心理学的(精神的)無痛分娩法
 産婦の自主的な精神活動を通して産痛の緩和をはかる分娩(ぶんべん)方法で、古くは1933年にイギリスのリード(Read)が提唱した自然分娩法、ソ連(当時)の条件反射を利用した精神予防性無痛分娩法にさかのぼることができます。
 現在ではラマーズ法やソフロロジー式分娩法、リーブ法などが知られています。

■麻酔による無痛分娩法
□吸入麻酔
 笑気ガスなどの麻酔薬を用い、陣痛発作が起こったら器具をもって吸入し、陣痛と陣痛の間は吸入器具をはずすというものです。

□局所麻酔
・硬膜外麻酔
 脊髄をおおっている硬膜の外側にチューブを挿入して麻酔薬を注入するものです。チューブを留置しておけば、何回も追加して注入することができ、痛みはとれますが産婦の意識ははっきりしています。第1期から第2期にひき続いておこなうことができます。
・その他の局所麻酔法
 分娩(ぶんべん)第1期の後半、子宮の開大による痛みをとるために、腟(ちつ)の入り口から子宮旁組織に麻酔薬を注射する旁頸管(ぼうけいかん)麻酔、分娩直前の会陰(えいん)部の痛みを除去するために、陰部の神経の本幹に腟あるいは皮膚から注射し、麻酔薬を注入する陰部神経遮断麻酔があります。いずれも麻酔が効いている時間は1時間以内なので、娩出(べんしゅつ)期全部の鎮痛はできません。

■物理学的無痛分娩法など
 はり麻酔による無痛分娩(ぶんべん)法、温罨法(おんあんぽう)、摩擦法、圧迫法などの理学的な緩和法などのほかに催眠暗示によって緊張をとる催眠法などが試みられていますが、その評価については不明です。

□会陰切開
 会陰(えいん)というのは腟(ちつ)の入り口と肛門との間の部分とその周辺をいいます。児頭が腟の入り口を通過しようとするとき、会陰部は非常に薄くひき伸ばされます。そのままにしておくと胎児の頭で会陰に裂傷ができることがあります。もちろん医師や助産師は、裂傷ができないように胎児の頭を押さえて会陰が伸びるのをまちますが、会陰がかたかったり、児頭を長時間押さえていることが望ましくないときは、局所麻酔をして会陰を切開します。切開した部分はきれいに縫合(ほうごう)され、もと通りになります。

 裂傷が大きいと直腸や肛門に及ぶこともあるので、あらかじめ切開したほうがよいことも多いのです。いまは吸収糸といって自然に吸収される糸を使って縫合することが多いので抜糸もしなくてすみます。

(執筆・監修:同愛記念病院 産婦人科 磯野 聡子)
医師を探す