第1期(開口期)

 陣痛が始まって子宮口が開きだしてから全開大(10cm)となるまでの時期をいいます。初産婦で約8~12時間、経産婦では4~8時間くらいかかります。


 第1期のはじめは陣痛の間隔が不規則で、10~20分もあり、陣痛は10~12秒くらいしか続きませんが、しだいに間隔が短くなるとともに陣痛の持続時間も長くなり、最後には2~3分おきに1分~1分30秒くらい続くようになります。3つの時期のうち、第1期がもっとも時間がかかります。あせらず呼吸法や腰をマッサージするなどの補助動作マッサージ(出産時)をおこない、リラックスして子宮口の全開大をまちます。
 陣痛がつらくても、勝手にいきんではいけません。この段階ではいきむとかえって子宮口の開大をさまたげたり、子宮頸管(けいかん)裂傷をひき起こしたりします。けっしてあせらず、医師や助産師の指示に従うようにしてください。
 第1期の途中や全開大のころに、破水することがあります。急に生あたたかい水が流れ出すので自分でもわかります。破水したら医師や助産師に連絡しましょう。
医師を探す