代理母出産

 現在の生殖医療では、第三者の配偶子(卵子、精子、受精卵)あるいは子宮を使っての妊娠分娩(ぶんべん)が可能になっています。配偶子提供による出産では、妻自身が出産するということになりますから、通常の出産に近い状況にあります。提供者が匿名で、出産の事実を知らないこともあります。
 しかし代理出産の場合は、夫婦と子ども以外に出産をする代理母が存在し、さまざまな問題が起こりえます。日本の法律では、出産した女性が母であり、遺伝的に子どもの母であっても認められません。諸外国でも、子どもの引き渡しを拒否した代理母の訴訟がおこなわれたり、障害のある子どもの引き取りを依頼者が拒否したり、子宮の商品化、金銭トラブルの問題など、さまざまな難題をかかえているのが現状です。
医師を探す

他の病気について調べる

  1. 家庭の医学
  2. 妊娠・出産
  3. 出産