第3期(後産期)

 赤ちゃんが誕生してから胎盤が娩出(べんしゅつ)されるまでのことをいい、ふつう10~30分くらいかかります。胎盤は自然にはがれて娩出しますが、このとき多少の出血があります。胎盤が出たあと子宮が収縮しますが、これがうまくいかないと、弛緩(しかん)出血といって大出血を起こすおそれがあります。子宮の収縮をうながす注射をすることがあります。そのため、その後は2時間ほど分娩(ぶんべん)室で、収縮の状態や出血のチェックをおこないます。
 このように第1期が始まって、第3期が終わるまでには個人差がありますが、初産婦では13~16時間、経産婦ではその約半分の5~8時間かかります。
医師を探す