寄生虫病

解説
 寄生虫には回虫や日本住血吸虫、日本海裂頭条虫などの蠕虫(ぜんちゅう:いわゆる寄生虫)とマラリアや赤痢アメーバなどの原虫があります。また、回虫や蟯虫(ぎょうちゅう)のように人にだけ感染する寄生虫と、エキノコックスのように動物と人に共通して感染する寄生虫(人畜共通寄生虫症)があります。
 ゲテモノ食いなどによって、動物の寄生虫が人に感染して、みみずばれを起こしたり、こぶが動いたりすることも多くみられます(幼虫移行症)。
 また、国際化によって、熱帯・亜熱帯地域への海外渡航の際に感染して国内に持ち込むマラリアなど、日本ではみられない寄生虫病も多くみられるようになりました。
 そして、清潔志向のいきすぎで抵抗力の低下した人がふえてきたため、ふつうなら症状がほとんどない寄生虫に感染して重症化し、死にいたるクリプトスポリジウム症などもみられるようにもなりました。