エキノコックス症(包虫症)〔えきのこっくすしょう(ほうちゅうしょう)〕

 エキノコックスは本来、キツネやイヌなどの腸管に寄生している条虫です。現在、日本では多包条虫(たほうじょうちゅう)によるエキノコックス症が北海道全域で流行しています。ヒトはキツネやイヌから排泄(はいせつ)された虫卵が混じったり、付着した飲料水や山菜を食べて感染します。また、イヌの毛に付着した虫卵を、イヌと遊んでいて経口的に取り込んで感染することもあります。
 虫卵を口にして数年から数十年たってから症状があらわれ始めますが、もっとも多いのが肝臓での病変です。肝臓では1~5mmの小さな包虫の集合体を形成していちじるしく腫大し、黄疸(おうだん)、腹水、肝不全、消化管出血などの症状があります。そのほか、肺、脳などにも寄生します。(→エキノコックス症#1026-30)
 現在、北海道では、患者の早期発見のために各市町村でスクリーニング検査などをおこなっています。
 早期診断された場合には外科的摘出、駆虫薬の長期投与による治療効果がみとめられています。
 感染予防には、流行地ではイヌやキタキツネとの接触は控え、小川の生水は飲まない、野イチゴや山菜は十分に洗ってから食べるなどの注意が必要です。北海道ではペットのイヌは放し飼いにしないことも大切です。
医師を探す