ヘルスコミュニケーションDr.純子のメディカルサロン

コロナ禍で差別やいじめが起きるメカニズム 仁平義明・星槎大学教授に聞く

 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療関係者への差別などが問題になり、最近では、子どもたちの間でコロナに関して、いじめが起きていると聞きます。

 そこで、いじめ研究の第一人者で、東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故に関する風評被害やいじめについて調査し、学校のいじめについても、多くの報告をしている星槎大学教授(東北大学名誉教授)の仁平義明先生にお話を伺いました。

新型コロナウイルス感染症対策に奮闘する医師や看護師ら医療従事者に敬意と感謝の気持ちを示すため、自衛隊中央病院の上空を通過する航空自衛隊・曲技飛行チーム「ブルーインパルス」(本文と直接関係はありません)=2020年5月29日、東京都世田谷区【時事通信社】


 ◇風評被害が起こりやすい条件

 海原 今回の新型コロナに関連する差別やいじめについては、原発事故の時と共通するものがあるように思いますが、先生はどのように感じていますか。

 仁平 海原先生のご心配の通りでしょう。3.11の原発事故でも、今回の新型コロナウイルス感染症でも、風評被害が起こりやすい条件がそろっています。

 その条件は三つあります。一つは、放射性物質、放射能、ウイルスのように目に見えない、対処しにくい恐怖・不安の対象があること。

 もう一つは、国や行政機関が、危険の可能性を広く知らせているのに、その安全の基準が不変ではなくて、途中で揺らいでしまっているために、何を信頼してよいか、分からなくなる事態が生じていること。

 三つ目が、自分だけでなく、家族全員に危険が及ぶ可能性があり、守ろうとするものがあるということです。

魚市場でサイズを選別される銀ザケ。東日本大震災の津波で養殖施設が壊れ、東京電力福島第一原発事故による放射能汚染の風評被害で苦境に立たされる中、水産業者らは銀ザケ養殖の復活に取り組んでいた=2013年5月撮影、宮城県女川町【時事通信社】


 海原 確かに、いずれも3条件がそろっていますね。

 仁平 「風評被害」には2通りあります。一つは、「風評」の文字の通り、根拠のないうわさ、事実と違ううわさが流れることで起こる被害、特に経済的な被害です。

 もう一つの方が、実は風評被害の本質です。恐怖・不安の対象が、そのもの以外の、関連するものにどんどん広がっていくことで、被害が起こるという、人間の心理です。

 これは、恐怖・不安の対象が広がっていく、一般化するという意味で「般化」と呼ばれる現象です。

 例えば、原発事故の風評被害では、実際に基準値を超えていた海産物に対する恐怖・不安が、同じ食品である、安全なはずの基準値内の農作物に広がって、避けて購買しなくなる行動が起こっています。それは、農産物から少し距離のある、食べ物ではないお花などにも起こります。

 ◇いじめ+風評被害=厄介な問題

 海原 なぜ、そうした心理に陥るのでしょうか。

 仁平 風評被害の本質は、根拠のないうわさという、全く誤ったものではなく、危険なものは、それと関連するものも含めて、避けた方が安全だという、人間のごく自然な安全弁のような反応です。

 原発事故の風評被害の調査をしてみますと、「風評被害」としての購買の回避行動は、守るべき子どもを持つお母さんほど、強く表れる結果になっていました。

風評被害の原因となった東京電力福島第1原発事故。写真は東日本大震災発生から6日目の3号機。自衛隊ヘリコプターから同社社員が撮影した[東京電力提供]=2011年3月16日撮影【時事通信社】


 海原 こうした一般化心理と風評が結び付くことと、いじめは関連があるのでしょうか。

 仁平 いじめが風評被害と結び付くと、般化反応の自然さと広がりやすさのために、厄介な問題になります。

 いじめは、いじめられる子を集団から孤立させて、「一対多」の弱い者にして、いじめをするというのが基本的なやり方です。

 そのために「非人間化」、つまり人間ではない「物」「異物」「危険物」としての呼称(バイキン、放射能など)を用いて、自分たちの仲間ではない者、時には人間ではない物なのだから、いじめても悪くないのだ、と合理化することがよく行われます。

 新型コロナウイルス感染症の場合、恐らく「コロナ」と呼んで、非人間化をするのが容易に行われる危険があります。

 「うつる」といって孤立させるのも、いじめの常とう手段ですが、これも全く自然に起こってしまう可能性があります。



Dr.純子のメディカルサロン ヘルスコミュニケーション