新型コロナウイルス感染症〔しんがたころなういるすかんせんしょう〕

[原因]
 人に感染するコロナウイルスには、日常のかぜの原因となる4種類のほか、近年動物から人に感染して重症の肺炎をおこす2種類(重症急性呼吸器症候群コロナウイルスSARS-CoVと中東呼吸器症候群コロナウイルスMERS-CoV)が知られていました。2019年12月に中国の武漢で集団発生した新型肺炎の原因として新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が特定され、またたく間に全世界へとその感染がひろがりました。
 感染経路はおもに飛沫(ひまつ)感染ですが、ウイルスに汚染された環境に触れることによる接触感染もあります。換気のわるい密閉空間ではウイルスを含むエアロゾールが数時間空気中を漂い、感染に関与することがわかっています。

[症状]
 潜伏期は1~14日(多くは5日程度)です。せき、のどの痛み、発熱、倦怠(けんたい)感などの感冒症状のほか、味覚や嗅覚(きゅうかく)の障害を伴うことがあります。成人では1週間後に20%程度が肺炎になり、さらに5%程度はその後数日以内に重症の呼吸不全に進行します。小児では重症になることはまれで、軽微なかぜ症状がほとんどです。
 症状出現の2日前から10日後まで、ほかの人へ感染させる可能性があります。

[検査]
 診断は鼻咽頭ぬぐい液や唾液のPCRなどの核酸増幅法(検出したい特定のウイルスの遺伝子を試験管内でふやすことによって、高感度に検出する方法)がもっとも信頼性が高い検査です。成人ではCT検査で肺炎の有無を調べますが、子どもでは呼吸困難になることはまれなので、おこないません。

[治療]
 子どもで治療が必要になることはほとんどありません。

[予防]
 手洗いの励行やマスクの着用、人との距離を2m以上あける、3密対策(密集、密接、密閉を避ける)をおこないます。
 ワクチンはきわめて効果的であり、変異株では感染予防効果は下がりますが、重症化予防は高く保てています。子どもでは12歳以上が適応になっています。

【参照】呼吸器の病気:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)