治療・予防

不妊治療の参考「AMH値」
妊娠可能性と直結しない(群馬大学医学部付属病院産科婦人科 岩瀬明教授)

 不妊検査で測定する項目の一つに、発育中の卵胞から分泌される抗ミュラー管ホルモン(AMH)がある。妊娠可能性を示す数値と考えられるのは誤解で、「不妊治療の方針を決める参考になるものです」と群馬大学医学部付属病院(前橋市)産科婦人科の岩瀬明教授は話す。

AMHは原始卵胞発育過程の初期段階に分泌される

 ▽卵子量の予測指標

 女性の卵巣には卵子のもとを包み保護し、加齢に伴い減少する原始卵胞という構造がある。妊娠可能な年齢になると複数の原始卵胞が次々と成長し、各月経周期で最も大きく発育した卵胞から卵子が排卵される。

 AMHは、原始卵胞が発育する初期段階の前胞状卵胞と小胞状卵胞の状態の時に分泌され、分泌量が減少すると卵胞は成熟卵胞に向けて発育を進める。排卵に至らなかった卵胞(閉鎖卵胞)の一部は体内で消滅する。

 AMHは胎児期には性別を決める因子の一つとなるが、成人女性の体内での働きははっきり分かっていない。しかし、発育途中の卵胞から分泌されるため、残存する卵子の量を間接的に予測する指標になると考えられており、不妊検査で測定されるケースが多い。月経周期のどのタイミングでも数値に変動が少ないとされ、血液検査で分かる。

 また、体外受精などで採卵する際、排卵誘発剤の投与量などを考慮する参考値としても活用されている。「AMH値が高いと、排卵誘発剤によって卵胞が過剰に育ち、腹水がたまったり血液が固まったりする卵巣刺激過敏症のリスクが高まるため、排卵誘発剤の投与量を調節します」と岩瀬教授。

 ▽卵子の質が重要

 AMH値は加齢に伴い低下するが、個人差が大きく、何らかの病気を診断するような基準値はない。しかし、不妊治療を進める上では、AMH値が1ミリリットル当たり1.1ナノグラム(ナノは10億分の1)を下回ると、体外受精などで採卵できる卵子の数が少なくなる目安になる。

 ただし、AMH値は妊娠率とは直結しない。確かにAMH値から卵子の量は予測できるが、卵子の質は分からないためだ。妊娠、出産に至るには卵子の質が重要で、卵子の質に強く関与するのは母体の年齢だという。

 岩瀬教授は「AMH値が低く採卵できる卵子が少なくても、測定できる範囲内であれば年齢に応じて妊娠のチャンスはあります。検査値は今後の治療の進め方の参考にし、担当医師とよく相談してください」とアドバイスする。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

【関連記事】


新着トピックス