インタビュー

水虫は梅雨時に急増=正しい治療法を知ろう-仲弥医師

 ◇靴を履き替え、足を洗う

 ―再発の恐れはあるか。

  完全に治して、しっかり予防すれば再発はしない。水虫の原因となる白癬菌は高温・多湿な環境を好むため、梅雨時のジメジメとした天気や夏の暑い環境では繁殖スピードが増し、活動的になる。冬の寒さや乾燥状態では菌の活動が低下し、冬眠状態になる。

爪白癬
 冬になって症状が治まったと思っても、皮膚の角質内に潜伏していることも多い。毎年水虫に悩む人は、完全に菌が退治できていないため、梅雨の頃から症状が現れ、秋に治ったと思っても、また翌年、潜伏していた菌が活動し症状が現れるというサイクルを繰り返す。

 一時しのぎで症状を抑えるのではなく、症状が治まってからも1か月は治療を続ける。再発を繰り返す悪循環を止めないと、慢性化して治りにくくなる。

 ―水虫を予防するためには。

  白癬菌は家庭や職場など身近な所に存在しているので、常に足を清潔にしていても菌の付着を完全に無くすことは難しい。靴を1日中履いていると、靴や靴下に大量の汗が染み込んで靴の中は湿度が100%に近い状態になり、白癬菌が増殖しやすい。

 蒸れにくい靴を選び、同じ靴は2日続けて履かないようにする、帰宅後は靴に乾燥材を入れるなど、靴の中をできるだけ清潔に保つようにしたい。通勤靴は長時間履きっ放しにしない。オフィスではサンダルに履き替えたり、足をタオルなどでよく拭いて乾かしたりするなど工夫してほしい。

 毎日、足の指の間をせっけんで丁寧に洗い、特にスポーツジムやプールなど感染しやすい場所に行った場合は、帰宅後にすぐ、せっけんで足をよく洗うようにすれば、感染はかなり予防できる。

(ソーシャライズ社提供)

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会