治療・予防

【増えるオストメイト第2回】若い世代で集まるグループを=仕事や結婚などの悩みを共有

 進学や就職、恋愛、結婚、出産など、若い世代のオストメイトにとって将来の不安は大きい。日本オストミー協会(東京都葛飾区)には、若い人に向けて情報を発信し、交流会などを企画する「20/40(にいまるよんまる)フォーカスグループ」があり、59歳以下のオストメイトが集まって活動している。リーダーを務める関口陽介さん(29)に聞いた。

 ◇40歳未満は2%弱

 オストメイトとは、大腸がんやぼうこうがん、炎症性の腸疾患などの手術により、腹部に便や尿の排せつ口となるストーマ(人工肛門、人工ぼうこう)を着けている人のこと。同協会の調査では、オストメイトの平均年齢は71.1歳。60歳以上が全体の約90%を占め、40歳未満は1.6%にとどまる。

 関口さんは、同グループ創設の理由について「病院や患者会が主催する交流会は参加者の年齢が高く、若い世代特有の問題について相談したり、共感を得られたりする機会が非常に少ないのです」と説明する。

 同グループの交流会では、悩みを同世代の人と集団で共有できる。普段は気になる排せつ時の音も、会ではあまり気にする必要がないので、参加者の表情が和らぐのが分かるという。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ