話題

子どもの受動喫煙防止の徹底を=東京、来春から新条例施行

 たばこの煙が健康に有害なのは常識。だが、禁煙対策に取り組む専門家は「被害の深刻さに対する一般の理解はまだ不十分だ」と言う。特に、他人の煙にさらされる「受動喫煙」の有害性について、軽く考えている人が多そうだ。東京都議会が10月、自宅の部屋やマイカーといった私的空間でも受動喫煙から子どもを守るよう大人に求める条例を可決したのを機に、専門医らが語る受動喫煙問題の基礎知識と「被害」の実態を紹介する。

 ◇さまざまな病気増やすたばこの煙

 たばこによる病気と言うと、肺がん程度しか思い浮かばない人がいるかもしれない。だが、その煙に含まれる発がん物質や有害物質は、じわじわと体をむしばみ、さまざまな病気を引き起こしている。

 たばこ製品には、風味付けや保湿などのために数多くの添加物が入っている。このため、発がん物質は70種類以上、有害物質は約200種類含まれているとされる。ニコチンはその一部にすぎない。

 「発がん物質は口の中にこびりつくので、口腔(こうくう)・咽頭がんや喉頭がんが増える。唾液と一緒に飲み込まれることで、食道がんや胃がんも増える」と、東京都医師会タバコ対策委員会委員長の村松弘康・中央内科クリニック院長は、喫煙で高まるがんリスクを説明する。鼻腔(びくう)・副鼻腔や肝臓、膵臓(すいぞう)、ぼうこう、子宮頸(けい)部のがんリスクも同様に高まるという。

 ニコチンは中枢神経に作用して血圧上昇や心拍数増加をもたらし、不完全燃焼で生じる一酸化炭素は血液中の酸素の運搬を妨げる。このため動脈硬化が進み、脳卒中や虚血性心疾患が発症しやすくなるという。タール粒子は肺の奥に入り込んで炎症を起こすため、慢性閉そく性肺疾患(COPD)のリスクも高くなる。進行すると呼吸困難になる病気だ。

 受動喫煙も、もちろん健康に悪い。その影響が確実視されている三大疾病が肺がんと虚血性心疾患、脳卒中。厚生労働省の研究班によると、受動喫煙のある非喫煙者の三大疾病のリスクは、受動喫煙のない人に比べ1.2~1.3倍程度だ。他にも、「科学的証拠は、因果関係を示唆しているが十分ではない」とされ、影響が疑われている病気が幾つもある。

 同研究班の推計によると、喫煙が原因となって死亡する人は年間約13万人で、受動喫煙による死者も同約1万5000人。「交通事故による死者(2016年は約3900人)と比べると、受動喫煙による健康への影響がいかに大きいか分かる」。専門家がよく口にするたとえだ。

新着ピックアップ