研究・論文

ぜんそくは成人でも帯状疱疹の因子に

 子どもの帯状疱疹(ほうしん)発症の危険因子となるぜんそくは成人にも同じく危険を及ぼす、とする調査結果を米国のメイヨー・クリニックのウォン・ヒジョン研究員らのグループが医学誌に発表した。
 小児ぜんそくが帯状疱疹のリスクを高めることは報告されていたが、同研究員らは成人でも同様の関係があるかを検討。米ミネソタ州オルムステッド郡の50歳以上男女の帯状疱疹患者371人(平均年齢66・8歳)について、性別や年齢が同じで帯状疱疹にかかったことのない742人と比較した。
 その結果、帯状疱疹の患者グループではぜんそくを併せ持つ人が23%だったのに対し、疱疹のないグループではぜんそくが持病になっている人が15%にとどまった。解析すると、ぜんそくの患者はそうでない人に比べ、帯状疱疹の発症リスクが1・7倍高いという結論が得られたという。(メディカルトリビューン=時事)


新着ピックアップ