本田俊一 歯科医師 (ほんだしゅんいち)

ほんだ歯科

大阪府東大阪市小若江3-9-21

  • 歯科、口臭外来
  • 理事長・院長

歯科 歯科口腔外科

専門

口臭

本田俊一

日本で初めて口臭について悩む口臭症治療を行った歯科医師。口臭へのデオドラント(無臭化)技術の確立や、「気のせい」などと片付けられがちな口臭症(口臭に対して病的に不安を持つ患者)の治療について、医学的根拠に根ざした独自の「ほんだ式口臭治療」を実践するとともに、専門医の養成研修なども行い、現在、提携クリニックは国内外で約300に至る。治療では詳細な検査の結果と問診の所見に基づいて、口臭や臭いについての悩みの原因を突き止め、一人ひとりに最適な治療法を適用。すべての「口臭症」に対応している。

医師プロフィール

1980年 山口大学農学部獣医学科卒業
1980年 (旧)厚生省入省
1986年 大阪大学微生物病研究所細菌血清学部門研究員
1988年 (旧)厚生省退官
1989年 大阪大学歯学部専門部学士編入
1993年 大阪大学歯学部卒業
1995年 ほんだ歯科開院
1997年 医療法人ほんだ歯科設立
2003年 藤田保健衛生大学医学部微生物学教室客員研究員
(更新日:2014年5月30日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会