森田学 歯科医師 (もりたまなぶ)

岡山大学病院

岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

  • 予防歯科
  • 科長 教授

歯科 総合診療科

専門

予防歯科

森田学

患者が一生自分の歯で食べられることを目標とする予防歯科を率いる。ブラッシング指導をベースにおいた歯周疾患の予防処置に加え、むし歯の予防を含む口腔の健康保持増進をめざしている。2007年に開設された口臭外来では、呼気を採取して口臭測定器で3種類の硫黄ガス濃度を調べる検査などを実施。口腔内の徹底清掃、生活習慣指導を行い、口臭を改善している。また2011年には口臭の原因となる硫化水素が、歯を支える歯槽骨を溶かす細胞を増やし、歯周病を悪化させる仕組みを突き止めた。

医師プロフィール

1982年3月 大阪大学歯学部歯学科 卒業
1982年4月 岡山大学歯学部予防歯科学講座助手
1987年4月 岡山大学歯学部附属病院講師
2000年12月 北海道大学大学院教授
2008年4月 岡山大学大学院医師薬学総合研究科教授
2011年4月 岡山大学病院副院長、岡山大学副理事
(更新日:2018年2月2日)