亀山敦史 歯科医師 (かめやまあつし)

東京歯科大学千葉病院

千葉県千葉市美浜区真砂1-2-2

  • 保存科 口臭外来(併任)
  • 准教授

歯科 歯科口腔外科

専門

接着技法を用いたむし歯治療・審美歯科治療,口臭治療

亀山敦史

口臭治療の専門医。東京歯科大学千葉病院ではオーラルクロマを用いて個々の患者の口臭程度を数値化、グラフ化し、客観的に判断している。この結果をもとに原因を追究し治療方針を立てた上で、個々人に必要と思われる治療を提示、実践している。亀山敦史歯科医師はまた東洋医学的観点から歯科疾患をとらえた治療にも取り組んでいる。一例をあげれば、口腔乾燥症状や慢性歯周病を伴う口臭患者に対して、通常の歯周治療に加え、漢方エキス剤などを併用することで症状を軽減させるなど効果をあげている。

診療内容

口臭は生きている人間には少なからずあるものだが、近年の臭いへの意識の高まりもあり、自分の口臭に悩んでいる人は多い。
「問題となる口臭があるのかないのか、あるとしたらどの程度のものなのか、それをまず正確に把握することが重要です。当外来では口臭に関する質問票への記載内容をもとにじっくりとお話を伺った後、オーラルクロマという口臭測定器で検査を行います。口臭を数値化(濃度・質量)、グラフ化(視覚)して、客観的に評価しますが、もちろん器械に頼るだけでは口臭の本質は分かりません。ですから、器械による客観的評価に加え、かならず私自身の嗅覚を用いてその方々の訴える口臭の本質をとらえるように心掛けています」と亀山歯科医師は話す。じつは、口臭を自覚しているにもかかわらず、検査では「口臭なし」と診断されることも少なくないという。しかし、外来を受診する患者の多くはたとえ「口臭なし」と診断された場合でも、口の中で変な味がする・口が渇くなどの不快症状を持っている方が多く、この場合にはその原因を突き止めることも必要になる場合がある。
実際に口臭症であると判断された場合においても、その原因を突き止め、これをもとに治療に臨むことが基本となる。「口臭の原因としては、唾液が少なく口の中の細菌が増え揮発性ガスが発生している、口の中が不衛生、虫歯や歯周病などがあげられます。自分では臭うと思っていても実はそれほどひどいわけではなく、本人がそう思いこんでいるだけの自臭症という症状である場合や、糖尿病や胃腸不全など全身的な病気が原因であるケースもまれにあります」と亀山歯科医師。治療法はそれぞれのケースに合わせ、提示されるが、唾液の量に気をつけ、歯磨きをしっかり行うことで改善されることも多い。亀山歯科医師はまた東洋医学的な観点から歯科疾患をとらえ、適宜漢方薬を治療に取り入れて、効果をあげている。

医師プロフィール

1997年3月 東京歯科大学 卒業
2001年3月 東京歯科大学大学院歯学研究科博士課程(歯科保存学専攻)修了
2001年4月 東京歯科大学助手(歯科保存学第三講座)
2001年5月 東京歯科大学千葉病院口臭外来担当兼務
2003年3月 東京歯科大学講師(歯科保存学第三講座)
2003年5月 医療法人亀山歯科医院(大分県別府市)副院長
2004年4月 長崎大学歯学部非常勤講師(歯科東洋医学)(~現在)
2006年4月 東京歯科大学に復職,助手(保存修復学講座)
2007年4月 東京歯科大学助教(保存修復学講座)
2008年4月 東京歯科大学講師(保存修復学講座)
2009年4月 東京歯科大学講師(千葉病院総合診療科)
2010年3月 ルーヴェン・カトリック大学客員研究員
2012年8月 東京歯科大学准教授(千葉病院総合診療科)
2013年8月 東京歯科大学准教授(口腔健康臨床科学講座総合歯科学分野)、東京歯科大学水道橋病院総合歯科に配置替
2015年4月 東京歯科大学准教授(歯科保存学講座)、東京歯科大学水道橋病院保存科に配置替
2016年9月 東京歯科大学千葉病院保存科に配置替(口臭外来併任)
2017年4月 東京歯科大学准教授(保存修復学講座)