意識面の症状

■意識混濁
 意識がうすれる、まったく意識がなくなるというように、意識のレベルが低下している状態をいいます。意識が低下する過程で、判断力がなくなったり、感情、思考、知覚面の症状が出てきたりすることがあります。

■意識変容(脳器質性精神障害アルコール関連障害薬物関連障害など)
 意識のレベルがそれほど下がっていない状態では、意識の統制がとれていないために、感情・思考・知覚面にいろいろな症状が出てくることがあります。これは夢の状態に似ており、考えがつながらなかったり、幻覚が見えたり、非常に興奮したりといった状態になります。その代表的なものをせん妄状態といい、脳の機能が正常でないときに出てきがちです。