睫毛内反(さかさまつげ)、睫毛乱生〔しょうもうないはん(さかさまつげ)、しょうもうらんせい〕

 幼児の場合、肥満児に多くみられますが、成長とともに症状が改善することが多くあります。角膜に障害を起こさないようでしたら経過観察だけでよいでしょう。
 老人性の場合は乱生した睫毛が角膜に触れ、異物感、流涙(りゅうるい)、さらには角膜びらん、角膜潰瘍を起こすこともあります。角膜に触れている睫毛を抜毛しても頻繁に再発が起こり、睫毛電気分解法や手術によらなければならないこともあります。
医師を探す