眼瞼下垂(まぶたの下がる病気)〔がんけんかすい(まぶたのさがるびょうき)〕

 まぶたが十分に開かない状態で、特に上まぶたが上がらないで、あごを上げて薄目をしたような状態です。
 生まれつきのものと、あとで起こるものがあります。
 生まれつきのものでは、目をあけたときに、外から見てひとみが見えないときは、弱視になるのを防ぐために、まぶたを上げる手術をできるだけ早い時期におこなう必要があります。
 あとで起こるものでは、重症筋無力症の目の症状として、午後から下垂がひどくなったり、疲れたときにひどくまぶたが下がったり、抗コリンエステラーゼ薬で症状が改善されることで診断できます。重症筋無力症
 脳腫瘍などの脳障害、動眼神経まひ、外傷のあとや、上眼瞼腫瘍、老人性の皮膚弛緩(しかん)などでも下垂は起こります。

医師を探す