眼瞼内反〔がんけんないはん〕

 加齢によりまぶたの支えが緩み、まぶたが内側へまくれ込み、まつげが角膜や結膜に接し、こするため傷がつき、異物感があったり眼脂(めやに)が出たりします。
 手術による治療を必要とすることがあります。


医師を探す