肘内障〔ちゅうないしょう〕

 2~5歳の子どもの手をひっぱったときなどに発症します。急に泣き出して上肢を動かさなくなります。原因は前腕の2本の骨のうち、ひじの外側にある橈骨(とうこつ)の関節にあたる部分(橈骨頭)が、牽引(けんいん)されることにより靱帯(じんたい)の中にもぐり込み、戻らなくなるためです。
 ひじの屈伸で自然に整復されることもありますが、骨折などのけがと見分けることが必要です。医療機関で整復を受けた場合にも、ときに整復されにくいことがあります。
 肘内障はくり返して起こることがしばしばありますが、成長とともに発症しなくなります。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会