肘関節遊離体〔ひじかんせつゆうりたい〕

 関節内に遊離(はがれたり、かけたりしたのち移動する)した骨や軟骨の組織を関節内遊離体と呼びます(関節ねずみ)。ひじ関節で遊離体が生じる原因としては、離断性骨軟骨炎外側型野球ひじや関節の外傷による骨・軟骨剥離、変形性肘関節症、滑膜性骨軟骨腫症、関節リウマチなど、多くの疾患があります。
 典型的な症状は遊離体が関節のすきまにはさまるロッキング症状(関節が動かせなくなる)で、ひじの運動時痛や可動域制限が生じることもありますが、ロッキングを生じなければ無症状のこともあります。骨組織を含む遊離体はX線検査にて確認できます。ロッキングなどの症状があるものは、関節鏡(関節用の内視鏡)などで遊離体を摘出します。
医師を探す