上腕骨内側上顆炎(ゴルフひじ)〔じょうわんこつないそくじょうかえん〕

 ひじの内側の骨の出っぱりである上腕骨内側上顆の部位の炎症です。手くびを掌屈(しょうくつ:手くびを手のひら側に曲げる)する筋がついている場所で、物を持って手関節を掌屈すると痛みが出ます。こぶしをつくり、手関節を抵抗を加えながら掌屈すると疼痛(とうつう)が増強します。
 治療は、上腕骨外側上顆炎に準じた外用薬や屈筋のストレッチなどをおこないます。
医師を探す