上腕骨外側上顆炎(テニス肘)〔じょうわんこつがいそくじょうかえん(てにすひじ)〕

 ひじの外側にある上腕骨の出っぱりを外側上顆と呼び、前腕にある手くびを背屈する(手くびを甲の側へもち上げる)伸筋がついている場所です。上腕骨外側上顆炎はこの部分の炎症で、手関節の背屈運動をくり返すことによって生じます。
 腱鞘(けんしょう)炎あるいは付着部炎と同じで、中年の女性に多くみられます。上腕骨外側上顆部を押すと痛みがあり、手くびの運動、フライパンを持って手関節を背屈したり、ぞうきんを絞る動作などで強く痛みます。俗に「テニスひじ」と呼ばれます。
 治療は手の酷使を控え、使うときはサポーターやテニスひじバンドなど外側上顆のややさきの前腕部を圧迫すると痛みが減ります。その他湿布や消炎鎮痛薬の外用薬、伸筋のストレッチや温熱療法などをおこないますが、痛みが強いときには消炎鎮痛薬の内服、副腎皮質ステロイド薬の局所注射をおこなうこともあります。
医師を探す