内反肘〔ないはんちゅう〕

 ひじの部分で前腕が内側へ変形している状態をいいます。正常では手のひらを上に向けてひじをまっすぐに伸ばすと、上腕の軸に対して前腕の軸はやや外側を向いています(10~15°程度外反しています)。内反肘ではこれに対し、前腕の軸が内側へ向いている状態になります。外側へ向いているのは、外反肘といいます。
 内反肘の原因として、先天性では上腕骨の滑車(ひじの関節をつくっている部分)の形成不全、先天性橈尺骨癒合(とうしゃっこつゆごう)症などで生じます。後天性(外傷など生後のなんらかの理由によるもの)の原因としては、子どもの上腕骨顆上骨折に代表されるひじ近傍の骨折後の変形治癒や骨端線(こったんせん)障害で生じます。
 変形を矯正するためには骨切り術が必要となります。
医師を探す