上腕骨顆上骨折〔じょうわんこつかじょうこっせつ〕

 手をついて転倒することにより受傷します(特に子どもに多い)。ひじ周囲の腫脹、疼痛(とうつう)、変形がみられます。合併損傷として神経損傷(特に前骨間神経まひ)や動脈損傷があり、まひの症状や循環障害には注意を要します。血行障害による前腕筋の壊死(えし)であるホルクマン拘縮(こうしゅく)が生じると重篤な機能障害を起こします。ホルクマン拘縮
 治療は、子どもでは整復位が得られればギプス固定をおこないます。整復位の保持がむずかしい場合はベッド上で持続的に牽引(けんいん)をおこなうか、麻酔下に整復し鋼線で固定する手術をおこないます。後遺症としては内反(伸展)ひじ変形が生じやすいことがあげられます。大人では転位がない場合を除き、原則として手術をおこないます。
医師を探す