色素性乾皮症〔しきそせいかんぴしょう〕

 まれな遺伝性の病気で、紫外線に過敏症を示します。日光の当たる部分の皮膚がカサカサして色素斑がたくさん出てきます。また、そこに皮膚がんができます。強い神経症状があらわれることもあります。
 できるだけ早い時期に専門医を受診してください。くわしい検査をしてこの病気の診断、またそのタイプ(いろいろなタイプがあります)を調べる必要があります。
 紫外線に当たらないように厳重な管理が必要です。
医師を探す