日光過敏性皮膚炎〔にっこうかびんせいひふえん〕

 少量の日光、紫外線で皮膚炎を起こしてしまう状態で、血圧降下薬などの薬を内服していて、薬が紫外線と過敏反応を起こすために起こります。また、まれですが、いろいろな遺伝性の病気に日光過敏を示すものがあります。
 日光過敏性皮膚炎にはいろいろな症状がありますが、湿疹(しっしん)のようなかゆい“ブツブツ”や、小さな水疱(すいほう)ができます。
 ふつうの日光照射に対し、皮膚の過敏性が疑われるときは、いろいろな病気の可能性がありますので、皮膚科専門医を受診してください。各種の検査が必要です。
医師を探す