常位胎盤早期剥離〔じょういたいばんそうきはくり〕

 妊娠後期に起こるもっとも重篤な疾患で、正常位置にある胎盤が、突然子宮壁からはがれてしまう疾患です。

 症状としては突然の腹痛(激痛)と出血ですから、すぐ病院へ連絡をとります。胎盤がはがれると、その面積に応じて胎児への血流は減少してしまいます。面積が狭ければ、すぐ帝王切開で胎児を分娩(ぶんべん)させれば母子ともに大丈夫ですが、短時間で広い面積が剥離すると、病院へ行っても間に合わず、胎児死亡や新生児死亡になることもありえます。胎盤と子宮壁の間に大きな血腫ができて、特殊な血がとまらない状態となり、母体も危険になる場合もあるのです。
 胎児発育の不良な人や妊娠高血圧症候群の人に起こりやすいといわれていますが、約半分は原因不明で起こっています。
医師を探す