妊娠

コラム

高齢出産

 35歳以上の出産を高齢出産といいます。最近では晩婚化や、仕事と妊娠出産育児の両立のため、晩産化が進んでいます。
 高齢出産のリスクとメリットを考えてみましょう。母体年齢の上昇とともに、児の染色体異常が増加します。たとえば、ダウン症の発生は35~39歳で0.35%ですが、どうしても心配な人にはNIPT(非侵襲的出生前遺伝学的検査)や羊水(ようすい)検査などにより高い精度で調べることは可能です。また、母体のほうも歳が高いほど子宮筋腫(きんしゅ)の合併や流早産、妊娠高血圧症候群、成人病の合併がふえたり、難産になりやすいとされています。自主管理をしっかりし、設備のととのった病院にかかる必要があります。
 メリットももちろんあります。両親の側には精神的、社会的、経済的余裕があるので、十分な準備をもって分娩(ぶんべん)にのぞむことができるでしょう。現在は価値観が多様化し、他人と同じである必要はないのですから、自分たちの選択に自信をもち、しかし、リスクをよく理解し、主治医や助産師の指導を守りながら授かったいのちを大事にしてください。
コラム

着床前診断

 体外受精によってできた受精卵が細胞分裂を始めて8細胞になったところで、その1~2個を取り出し、遺伝子診断をします。その結果、重篤な病気の可能性のあるものは子宮に戻さず、その可能性のないものだけを子宮に戻す方法です。
 以前は出生前診断といって、妊娠後に羊水(ようすい)や絨毛(じゅうもう)を採取して胎児の検査をおこない、異常であれば人工妊娠中絶を選択するという方法しかありませんでした。ただ着床前診断にはさまざまな問題があり、日本産科婦人科学会では2015年6月に重篤な遺伝病と、均衡型染色体構造異常に起因する習慣流産に限り実施を許可するというガイドラインを作成しました。
 問題というのは、ごく微量のDNAからの診断の困難性、精度の問題、(胎児の)安全性の問題などと、倫理的にもいのちの選別につながるといった問題であり、重篤の程度の判断もむずかしい問題です。着床前診断をおこなう際には、施設は学会に症例ごとの審査を申請する必要があります。
 現在日本では以下の疾患が申請され、審査対象となっています。
 1.デュシャンヌ型筋ジストロフィー
 2.筋強直性ジストロフィー
 3.ミトコンドリア病であるLeigh脳症
 4.副腎白質ジストロフィー など
コラム

葉酸

 葉酸は、ホウレンソウのなかから見つかったビタミンB群の一つです。妊娠初期の葉酸の十分な摂取が胎児神経管閉鎖障害(二分脊椎〈せきつい〉、無脳症など)の発症予防に効果があります。日本人はむかしは野菜類をよくとっていたのですが、現在は食生活の変化により葉酸摂取不足の人がふえ、この10年間で胎児神経管障害の発生が増加しています。アメリカやイギリスでは葉酸摂取により約10分の1になりました。
 2000年12月、厚生労働省は「妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月までに1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の約70%の予防効果がある」と勧告しています。葉酸を多く含む食品は緑黄色野菜、大豆などですが、サプリメントとして市販されているものを利用してもよいのです。

関連トピックス


関連ニュース


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会