病気のときの食事

解説
 病気のときの食事は、その人の病態やのんでいる薬によっても違ってきますので、まずは、主治医と相談し自己判断せずに主治医の助言を求め、その指示に従いましょう。ここでは病気に関連するそれぞれの学会で出している「治療ガイドライン」を基本に、それぞれの病気の食事療法の標準的な考えかたを説明します。
 病気のときは薬が処方されることが多いですが、薬によっては食べてはいけない食品があります。たとえば、ワルファリンカリウムという薬をのんでいるとき、納豆は禁忌です。
 このほかにもいくつかありますが、ここではそのことに触れません。病院で薬を処方されるときや薬局で薬を購入したときに説明されますから、それに従ってください。
 同様にアルコールは薬の効きかたに影響を与えることがあります。なお、この項でアルコールの飲みかたについて適宜説明していますが、それは主治医から飲酒の許可が出ている人の場合です。