脂肪肝〔しぼうかん〕

 脂肪肝は、肝臓に中性脂肪を主体とした脂肪がたまった状態をいいます。原因は肥満、アルコールが大部分を占めます。治療は原因の除去、すなわち肥満解消としてエネルギー制限、アルコール制限となります。

■肥満の解消
 脂肪肝に対する肥満解消のための特別な食事療法はありません。一般の肥満の食事療法と同じです。すなわち、1.標準体重(自分の身長に対して、BMI22の数値)を基準にした適正なエネルギー量の摂取、2.栄養のバランスをとり、特に脂質エネルギーのとりすぎに注意する、3.ビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷりとるの以上3点です。
 食べかたとしては、次の2点があげられます。

 1.3食のエネルギーを、平均的にとるようにします。食事をきちんとしないとどうしても間食が多くなり、間食は甘い菓子や飲み物、スナック菓子になりやすく、その結果、脂質や糖分が多くなってしまうからです。
 2.ゆっくり食べる習慣を身につけるようにします。早食いは食べすぎを招きやすいものです。
 くわしいことは肥満の項(肥満の食事療法)を参照してください。中年男性の肥満の原因には、外食・中食(そうざい、弁当類など)・宴会、仕事でおそくなって、夜中に夕食をたっぷり食べて、すぐ寝てしまう、というような生活パターンがみられます。職業をもつ社会人にとって生活パターンの改善は困難かもしれません。ベストでなくてもいまよりベターにと考え、できること、たとえば、夕食のアルコールは1日おきにする、夕食は脂肪の多いものを減らすなど、自分が取り組みやすいことから、始めるといいでしょう。

■アルコール制限
 アルコール性の肝障害は、飲んだアルコール量が問題となります。したがって、アルコールの種類を工夫しても、アルコールを飲まない休肝日をつくっても、1回に飲む量を減らしても、飲めば飲むだけ、肝臓に負担をかけることになります。
 アルコールの肝臓への影響は人種・性別・個人によって違います。ですから、同じように飲んでも、肝障害を起こす人とそうでない人がいるわけです。アルコール性の脂肪肝になる人は、アルコールが好きな場合が多いので、すこしの量では、なかなかやめられないものです。すこしの量でやめる自信のない場合は、禁酒をおすすめします。また、アルコールは、人にすすめられることが多いものですが、車の運転やドクターストップなどを理由に、飲まないと明言したほうが賢明といえそうです。

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/10/12
「動く遺伝子」を用いた網羅的遺伝子探索技術により 脂肪肝からの肝がん発症に重要ながん遺伝子を同定

研究開発法人 日本医療研究開発機構/大阪大学

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会