話題

コロナでマスクの時代に 
皮膚の健康に注意

営業を再開した福岡市の百貨店。マスクなどを着け対応する店員

  ◇過剰反応の面も

 女性の美容に詳しいよしき皮膚科クリニック(東京・銀座)の吉木伸子院長は「真夏にマスクをすることは今まであまりなかったと思う。長時間蒸れると、あせものようなものが出る可能性はあるだろう」と前置きした上で、「マスク着用に過剰に反応している面があるのではないか」と指摘する。

 例えば、「マスクを着けると短時間でニキビができる」と思って来院した女性もいる。しかし、実際に診療するとニキビは出ていない。マスクを着けることに、過度な不安をいだいている人が多い。吉木院長は「話すときに口元が擦れたりするので、肌がごく敏感な人だと、そこにニキビができることもある。

吉木伸子院長

 ただ、花粉症やインフルエンザがはやる時期には、マスクを着ける人が多いが、それでひどくかぶれたという例はみない」とし、「下着の部分はいつも擦れたり、蒸れたりしているが、それで簡単に皮膚病になるわけでもない。皆、ブラジャーの部分などが夏にかぶれるということもない。過度に心配する必要はないのでは」と付け加えた。

 ◇顔の過剰なケア避ける

 「マスク時代」のお肌対策で気を付けることは何だろうか。吉木院長は「乾燥を防いで皮膚のバリアー機能を高める。オイルなどの強いクレンジングは使わず、ファンデーションはリキッドより肌に優しいパウダー系を選ぶ。保湿にはセラミドを含む美容液かクリーム液を使いたい」と勧めるとともに、「肌が敏感な人や何らかの肌トラブルで異常を感じたりする人は、顔のパックやマッサージなど過剰なケアを避けてほしい」とアドバイスする。(喜多宗太郎・鈴木豊)

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会