話題

実はよく知らないアトピー性皮膚炎
~理解不足が患者苦しめる~

 かゆみのある湿疹を伴い、軽快と増悪を繰り返すアトピー性皮膚炎は、罹患(りかん)率が5~30%と、かかりやすい病気と言ってよいだろう。重症化すると、家族関係に悪影響を及ぼしたり、学校でのいじめや働きづらい状況をもたらしたりすることもある。アトピーという病名は知っていても、実態は分かりにくく、周囲の理解も決して十分ではない。

アトピー性皮膚炎の不安や悩みは大きい

 ◇アトピーで離婚も

 大阪はびきの医療センター(大阪府)の片岡葉子アトピー・アレルギーセンター長は、同センターの調査などを基に具体的な事例を紹介してくれた。重症アトピー性皮膚炎の30歳代の男性の場合、「ストレスが高く、一人のときに声を出して自分を責めている。症状の悪化のため、仕事を途中で放り出したことが何回もある」と訴えたという。また、小学生の頃、親に心配をかけさせないようにとの思いからアトピー性皮膚炎のつらさを伝えることをやめた40歳代の女性は、中学生時代に男子生徒からいじめられた。結婚したが、夫からアトピーのことを責められ、離婚したという。

講演する片岡葉子センター長

 ◇「治らない」と諦め5割弱

 バイオ医薬品企業「アッヴィ」はアトピー性皮膚炎の患者1000人を対象にインターネットを通じて調査した。症状に関する不安や悩みについて最も多かったのは「かゆみ」の93.5%で、「皮膚の症状」86.1%が続いた。注目したいのは、「症状が繰り返されること」と回答した人が76.7%に上った点だ。

 片岡センター長は「アトピー性皮膚炎はアレルギー反応によって起きる単純な病気ではない。ストレスで悪化する。サイトカイン(主として免疫系細胞から分泌されるタンパク質)が脳を刺激し、抑うつを招き、不安をあおる」と言う。

 調査では、「治らないと諦めている」という患者が49.3%に上っている。片岡センター長は「アトピー性皮膚炎は良くなったり、悪くなったりを繰り返す慢性の湿疹だ。外用薬だけでは治らず、内服薬や薬剤の注射を併用する必要があるケースもある」と話す。

アトピー性皮膚炎は学業や仕事に悪影響を及ぼす

 ◇周囲の言葉に傷つく

 調査によると、アトピー性皮膚炎が原因で休学や退学、休職や退職など学業・仕事を中断したり、断念したりした経験のある患者が13.1%いた。

 「症状」について「周囲の理解がない」と感じている人は25・0%で、4人に1人の割合だ。「この病気による日常生活での負担やストレス」について「周囲の理解がない」と感じている人は31・6%と、さらに多くなっている。

 周囲から掛けられた言葉に傷ついたり、嫌な思いをしたりした経験がある人は53.5%と、半数を超えている。この背景には、周囲の理解不足があると見られる。

周囲の言葉で傷ついたり、嫌な思いをしたりする

 片岡センター長は「アトピー性皮膚炎の症状や、患者の生活や対人関係への影響といった『疾病負荷』について周囲の人も正しく理解することが重要だ」と話す。

 アトピー性皮膚炎の原因には環境的なもの以外に、遺伝子的な要因もある。皮膚のバリアー機能に障害があったり、かゆみに敏感だったりする。IgE抗体が高かったり、炎症を起こしやすく長引きやすかったりするというアレルギー体質も関係する。

 ◇怖い目の合併症

 あたご皮フ科(東京)の江藤隆史副院長は「同じ皮膚疾患の乾癬(かんせん)に比べて、アトピーの認知度は高い。しかし、ただの湿疹症状ではないことは理解されていない」と話す。アトピー性皮膚炎は、「とびひ」や「たむし」、口唇ヘルペスなどの感染症を合併することがある。江藤副院長によると、最も注意しなければならないのは白内障や網膜剥離、緑内障など目の合併症だ。

講演する江藤隆史・副院長

 「日本アレルギー友の会」の50周年記念誌などに視覚障害となった患者の声が寄せられている。15歳の時に左目が網膜剥離になったのは、かゆみから「まぶた」を強くこすったことが原因だ。20歳代で右目に違和感を覚えるようになり、緑内障を発症した。結局両目の視力を失ったが、恩人の励ましや夫の支えで「不思議と幸せを感じている」と語っている。

 ◇基本はステロイド剤

 「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」(日本皮膚科学会)によると、薬物療法の項目で「ステロイド外用薬は基本となる薬剤」としている。ただ、ステロイド外用薬は専門医の指導に従い、適切に使う必要がある。江藤副院長は、こんな患者の例を紹介する。

 子どもの頃からアトピー性皮膚炎を患っていた30歳代の女性は、高校2年生からステロイドの塗り薬を使うちに症状は落ち着いた。大学3年生の頃から肌の状態がまた悪化していった。この女性は「ステロイドを広範囲に使うのは気が引けたので、肘や膝の内側など、その日最も炎症がひどい部位にできるだけ薄く擦り込んだ」と言う。かゆみは治まらず、つい引っかくので、まだら模様にかさぶたができてしまった。

 ◇時間かけて説明

 1990年代はステロイド薬に伴う副作用を恐れた「ステロイドバッシング・脱ステロイド」の時代だった。成人のアトピー性皮膚炎患者が増えていることに関し、東京都内の病院の専門医は「この病気は最初に発症した時の治療が大切だ。ステロイド剤を使用しなかったために成人してから再発したケースが、かなりあるのではないか」と指摘する。

 ステロイド剤に対する抵抗感は今もある。江藤副院長は新しい治療薬が出ていることを踏まえた上で、「まず、ステロイド剤を使ってみましょう」と、時間をかけて患者に説明する。患者の多くは納得してくれるという。

 「アトピー性皮膚炎は、慢性、反復性の病気だ。だから、上手に付き合ってほしい」。江藤副院長が強調するように、再発・重症化しないためには患者側も根気を持ってほしい。(鈴木豊)

【関連記事】

新着トピックス