緑内障〔りょくないしょう〕

 厚生労働省研究班の調査によると、緑内障は日本の失明原因の第1位を占めています。また、最近の大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障であることがわかりました。
 緑内障には大別して2種類あり、それぞれに症状が異なります。

[症状]
 一つは“開放隅角(ぐうかく)緑内障”で、初期には症状がほとんど何もなく、進行してくると目が疲れる(眼精疲労)、ときどきかすみがかかる、裸電球やライターの火の周囲に虹がかかるなどの症状が出たり、よくなったりします。
 やがて視野異常(鼻側下方が見えない、あるいは中心よりやや外側で暗点があるなど)に気づき、さらに進行すると中心視野だけが残り、ついにはそれもなくなり失明します。

 最近の疫学調査によりますと、眼圧は正常域(10~20mmHg)にあるにもかかわらず、視神経乳頭や視野異常が典型的に生じる正常眼圧緑内障がもっとも多いことがわかりました。この緑内障は眼圧の測定だけでは発見できませんので眼底検査、特に視神経乳頭部の所見や、最近では、光干渉断層計(OCT)などの三次元画像解析装置を用いて視神経乳頭や網膜の神経線維の厚み測定がもっとも重要となります。
 もう一つは“閉塞隅角緑内障”で、眼圧が急激に上昇して、急激な視力低下、眼痛、頭痛、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)があり、結膜には強い充血がみられます。強い頭痛、悪心、嘔吐のためにほかの部位の病気を考えて、脳外科や内科を受診することすらあります。
 新生児や乳幼児では先天緑内障(牛眼〈ぎゅうがん〉)があり、角膜径拡大、角膜混濁がみられ、まぶしがったり、流涙斜視で気づくこともあります。

[原因]
 緑内障は、その人の眼にとって眼内圧が異常に高くなり神経節細胞の障害が起こり、そのために視野・視力異常や、眼底での視神経乳頭陥凹(かんおう)の拡大などが起こっている状態をいいます。

 角膜、水晶体や硝子体(しょうしたい)は光が通りますから、透明でなければならず、血管はありません。しかし、これらの組織の栄養や代謝物の輸送をつかさどるものがなければなりません。その役目を房水(ぼうすい)が担っています。房水は血液とくらべてたんぱく質が非常に少なく、光学的に混濁はありません。房水は毛様体でつくられ、後眼房に出て硝子体や水晶体に栄養を与え、代謝物を運び瞳孔に出てきます。瞳孔を経て前眼房に入り、角膜内層の栄養補給と、代謝物の運搬をして隅角に達します。隅角部は線維柱帯で網目構造をしており、その外側に角膜輪部に平行して輪状にシュレム管があり、房水は線維柱帯を経てここに集まり、そこから強膜中の房水静脈に入り全身の血管系へ流れ出ます。房水の流出路のおもなものは隅角ですが、このほか毛様体の中を後方へ流れ、脈絡(みゃくらく)膜から外へ出る道もあります。

 このように目に入ってくる房水と流出していく房水があり、このバランスのうえに眼球は一定の内圧をもつことになり、これを“眼圧”と呼んでいます。正常眼圧は10~20mmHgで、平均して16mmHgです。通常21mmHgを超えると異常と考え、経過観察が必要となります。経過観察項目としては、①眼圧、②視神経乳頭陥凹、③光干渉断層計(OCT)検査、4.視野検査は必須です。緑内障には原因のわからない原発性のものと、ほかに病気があってその結果緑内障を起こす続発性のものがあります。正常眼圧緑内障では眼圧は正常域にあるので、視神経乳頭陥凹と光干渉断層計検査による網膜の断層像、視野検査が重要です。

[診断]
 緑内障の診断には、自覚症状、眼圧測定、細隙灯(さいげきとう)検査(細い幅の光束で照明しながら顕微鏡で角膜を観察する検査)、隅角検査、眼底検査、光干渉断層計検査、視野検査や負荷検査などの特殊な検査をおこないます。緑内障は遺伝しますので、家系についての問診は大切なものです。
 治療は、まず早期発見が非常に大切です。先天性の場合は家族歴、目が異常に黒目がちで大きい、目つきがおかしいなどに注意しなければなりません。後天性の場合、特に成人の場合は、40歳以上になれば生活習慣病検査で眼圧測定と眼底、特に乳頭検査をおこなう必要があります。
 続発性の場合、ぶどう膜炎を以前に起こしているかどうか、副腎皮質ステロイド薬の長期投与か点眼がされたかどうか、糖尿病、網膜静脈閉塞症、外傷の有無を確かめなければなりません。

[治療]
 先天緑内障(牛眼)は原則として手術療法を第一と考えます。薬物療法はそれを補助することになります。続発性緑内障では原病の診断に基づいて治療がおこなわれ、効果がない場合に手術療法および薬物療法をおこないます。
 原発開放隅角緑内障では薬物療法が第一になります。ピロカルピン、エピネフリン、交感神経β(ベータ)遮断薬、交感神経α(アルファ)・β遮断薬、炭酸脱水酵素阻害(そがい)薬やプロスタグランジン関連物質の点眼薬の点眼にはじまり、炭酸脱水酵素阻害薬や高張浸透圧薬の全身投与がおこなわれます。効果がなければ、最近は線維柱帯切開術、線維柱帯切除術、レーザー線維柱帯凝固術といったいろいろな手術も症例に応じておこなわれています。
 閉塞隅角緑内障では手術療法が第一となります。一般的な手術方法としては、白内障手術(白内障手術をすると隅角の閉塞が改善するため)、レーザー虹彩切開術や周辺虹彩切除術をおこない、効果がなければ薬物投与、さらに線維柱帯切除術(シュレム管をふたするような網目状の組織である線維柱帯を切開して房水の流れをよくする手術)をおこなうこともあります。
 緑内障による失明は後天失明のもっとも多い原因の一つです。病状がある程度進行してしまうと、治療開始後も症状が進んでしまうこともありますので、この病気の早期発見が、いかに大切かがわかります。早期発見されたら、あとは定期的に検査をしながら管理していかなければならない病気です。
医師を探す

関連トピックス


厚労省記者クラブから

2018/05/29
「緑内障に関するドライバー1万人調査」参考資料

ファイザー株式会社

2018/05/29
全国47 都道府県「緑内障に関するドライバー1 万人調査」結果発表

ファイザー株式会社