TEA SALONDr.純子のメディカルサロン

猫はお好きですか?

 私は猫2匹と同居しています。猫たちは3代目と4代目。もうすぐ16歳になる女の子と11歳の女の子です。猫の16歳は人間に換算すると80歳くらいだそうですから、もう「女の子」という年齢ではないですね。

 この猫たちがいなくなったら「5代目はもう飼えないなあ」と思っています。5代目が寿命を全うするまで、こちらが生きられるかどうか分からないからです。猫好きにとって、猫との暮らしは精神的な落ち着きと安らぎをもたらしてくれます。しかし、自分の死後、残された猫がどうなってしまうのかと考えると飼えない、というのは寂しいですね。

 数年前、そんな話をドイツに住む獣医師、クレス聖美さんに打ち明けたら、「ドイツには自分の死後、飼っていた猫を預かり育ててくれる施設がある」と教えてくれました。ドイツでは、それを猫の「ティアハイム(保護施設)」と呼んでいます。

 クレスさんは北海道大獣医学部を卒業した後、すぐにドイツに渡りました。そして1982年から30年間、ダルムシュタット市でドイツ人の夫とともに、1日80匹の動物をケアするドイツ国内有数の動物病院を経営。2012年からはメンターとして若い獣医師の指導にも当たっています。日本では東日本大震災後、宮城県石巻市の田代島で猫の保護を定期的に行っており、その活動が縁で私はクレスさんと知り合いました。

  • 1
  • 2

Dr.純子のメディカルサロン 「TEA SALON」記事一覧