教えて!けいゆう先生

教えて!けいゆう先生

著者プロフィル

過去記事

いぼ痔ができやすい人とは?
検査、病院に行くべき症状

 いぼ痔で悩んでいて、病院に行くべきか迷っている方は多いのではないでしょうか。痔は他人に見せづらい場所にできるだけに、病院に行かずに自分で治したい、市販の薬で対処したい、と考える方は多いようです。今回はいぼ痔について分かりやすく解説します。

 ◇痔核とはどんな病気?

病院に行くべきか迷っている方は多いのでは
 「いぼ痔」は正確には「痔核(じかく)」と呼び、「切れ痔(裂肛)」や「痔ろう」とは異なる疾患です。肛門にイボのような腫れ物ができ、痛みや出血の原因となる病気です。肛門を「歯状線」というラインで外側と内側に分け、内側にできるものを「内痔核」、外側にできるものを「外痔核」と分類します。

 ◇痔核にかかりやすい人とは?

 痔核に一度もかかったことがない人もいれば、何度も繰り返してしまう人もいます。痔核の発症リスクは生活習慣にあると考えられています。一つは排便習慣です。痔核は排便時に毎回いきむ、トイレに長時間座っている、といった習慣が発症リスクになると報告されています。

 もう一つは食事や運動の習慣です。野菜摂取が少ない方や、重いものを運ぶ方、長時間座ったままのことが多い職業の方、ゴルフなどスポーツでいきむ機会が多い方は痔核になりやすいとされています。

 排便時にいきんだり、トイレに長時間座ったりするのは、便が固くて出にくいためであることが多く、便が固くなる要因の一つが食物繊維の摂取不足です。痔核を治療しても、こうした生活習慣が続けば何度も痔核にかかる恐れがあります。

 なお、痔核が遺伝するかどうかについては、はっきり分かっていません。痔核の方は、家族に痔核を持つ方が多いことが知られていますが、遺伝的要因というより、共通の生活習慣によって影響を受けていると考えられています。

 ◇痔核の症状とは?

 痔核の症状として多いのは、出血、痛み、脱出、かゆみ、粘液の漏れなどです。排便のたびに多量に出血し、貧血の原因になる人もいます。また、「脱出」とは、肛門内におさまっていた痔核が肛門の外に飛び出してしまう状態です。

 排便時に脱出することが多いですが、中には歩行時やしゃがんだ時に脱出する、という方もいます。脱出するたびに自分で押し戻している方もいれば、脱出したままになり手で戻せなくなっている、といった重度の痔核の方もいます。

  • 1
  • 2