乃木田俊辰 医師 (のぎたとしたつ)

新宿南口皮膚科

東京都新宿区西新宿1-18-7 博愛堂ビル3F

  • ニキビ治療外来、アンチエイジング外来
  • 理事長、院長
  • 東京医科大学皮膚科 兼任教授

美容皮膚科 皮膚科

専門

ニキビ治療、レーザー治療

乃木田俊辰

乃木田俊辰医師は、ニキビ治療・レーザー治療の権威でありスペシャリスト。一般皮膚疾患の診療にとどまらず、美容分野の皮膚科診療についても豊富な臨床経験を持ち、特にレーザー脱毛に関しては日本皮膚科学会で日本初となる報告を行った医師である。現在も最新機器を用いた光治療・レーザー治療、そしてアンチエイジング術などの導入に積極的に取り組んでいる。日本で30人ほどしかいないという「美容皮膚科・レーザー指導専門医」であり、美容皮膚科領域の治療法については医師向けのテキストを執筆する機会も多い。

診療を受けるには

完全予約制で乃木田医師が診察する。

診療時間は、月曜~金曜 11:00~14:00、15:30~19:00。土曜 10:00~13:00、14:30~18:00。水曜:女医担当。

医師プロフィール

1979年 熊本大学医学部 卒業、熊本大学医学部皮膚科
1984年 同 皮膚科専門医
1985年 東京大学医学部皮膚科
1986年 医学博士(東京大学)
1989年 東京大学医学部皮膚科助手
1990年 東京女子医科大学皮膚科講師
1993年 東京女子医科大学皮膚科助教授
1993年 米国ハーバード大学医学部病理学教室留学
2003年 新宿南口皮膚科院長
2008年 東京医科大学皮膚科兼任准教授
2010年 東京医科大学皮膚科兼任教授

所属学会

日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会、日本美容皮膚科学会評議員、日本香粧品科学会、日本レーザー医学会理事、皮膚科専門医、美容皮膚科・レーザー指導専門医、新宿区皮膚科医会会長

主な著書

『皮膚科医が語る最新レーザー脱毛―レーザー脱毛はお肌の専門皮膚科医のもとで』(1998年 新日本教育図書)
(更新日:2018年8月16日)