城野親徳 医師 (しろのよしのり)

シロノクリニック

東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F

  • 美容皮膚科
  • 総院長

美容皮膚科 皮膚科 美容外科

専門

皮膚科領域のレーザー治療(アザ・シミ・しわなど)、サーマクールなどのたるみ治療、ボトックスなどの注入療法

城野親徳

城野親徳医師は、皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例経験を持つ、美容レーザー治療のパイオニア。1995年、当時の日本ではまだ少なかったレーザー治療専門クリニックを東京都渋谷区恵比寿に開設。国内外で皮膚科形成外科領域医の美容皮膚科・レーザー治療を中心に臨床と研究を行う。また、レーザー治療後の敏感な肌に最適なドクターシーラボ「薬用アクアコラーゲンゲル」を開発し、1999年に株式会社ドクターシーラボを設立。医師として診療に携わりながら、創業経営者会長の顔をもつ。薄毛の女性の悩みに応えるため、2009レディース頭髪外来を開始した。近年、抗加齢医学(アンチエイジングメディスン)分野でも、各科専門医師や研究機関と共同で最先端の治療を行っている。
テレビや雑誌などのメディアにも多数出演。2008年には 第10回企業家賞を受賞、2009年「Asia's 200 Best Under a Billion Award」を受賞(株式会社ドクターシーラボ)。

診療内容

あざは「母斑」と呼ばれ皮膚の一部に生じた色や形の異常のこと。生まれたときからあざのある人が多いが、中には後から発生する場合もある。あざには、青あざ・黒あざ・茶あざ・赤あざ・白あざなどの種類がある。
あざの除去には、レーザーが一般的と言われるが、手術治療やレーザーと手術を組み合わせた複合治療などがある。
例えば、黒あざの場合、シロノクリニックでは、アザの状態に応じて、QスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザー、炭酸ガスレーザーなど使用して、1カ月~3カ月に1回程のペースで照射する。徐々にアザが薄くなるので、治療には複数回の照射が必要となる。レーザーでの治療の場合、期間が長くかかるのだが、跡を残さずきれいに取りたい人には最適な治療法である。
切除縫合手術は1回の手術で2~3センチの小さな黒あざが取れる。短期間で治療は終わるが傷跡は残る。大きな黒あざの場合は、複数回に分けて手術を行うことになる。
手術とレーザーの複合治療は、比較的大きな黒あざでも、短期間にできるだけきれいに取ることができる。
どの治療法で行うかは、患者の希望やレーザー医師との十分なカウンセリングをしたうえで選択する。

ほくろのレーザー治療では、主に炭酸ガスレーザーとQスイッチルビーレーザーを使用する。炭酸ガスレーザーは水分に吸収されやすいという特徴があるため、皮膚に0.1秒照射しても、皮膚の表面で吸収されて深く入ることがなく、傷をつくることもない。1~2ミリの小さいほくろの場合、0.1秒ほど、2~3回当てるときれいに取れる。Qスイッチルビーレーザーは、黒色や濃い茶色に吸収される性質があり、ほくろのメラニン色素に吸収され熱を発し色素を破壊する。照射時間は1分ほど、傷跡は残らずきれいになる。

あざの種類や症状によって治療方法や回数は異なってくる。治療法についてや、治療前と治療後の写真など詳しくは、クリニックホームページを参照。当クリニックでは、一人一人に合ったオーダーメイド治療をチームで行っている。

医師プロフィール

1988年 慶應義塾大学医学部卒業
1988年 東京都済生会中央病院一般外科勤務
1990年 日本医療レーザー研究所入所
1995年 シロノクリニックを開業
1999年 ドクターシーラボを設立し、取締役会長に就任

「美容皮膚科」を専門とする医師