長濱通子 医師 (ながはまみちこ)

神戸百年記念病院

兵庫県神戸市兵庫区御崎町1-9-1

  • 皮膚科、美容皮膚科
  • 部長

美容皮膚科 皮膚科

専門

美容皮膚科全般、とくにレーザー治療を得意とする

長濱通子

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医である長濱通子医師は神戸百年記念病院の皮膚科・美容皮膚科部長を務め、日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医としてニキビ、シワ、アザ、シミ等の素肌の悩みに対してプロフェッショナルケアを提供している。とくにレーザー治療が専門で種々のレーザーを使用してアザ治療に積極的に取り組んでいる。また、小児の赤アザは早期に治療を開始することにより良好な結果を得られることから、生後1ヶ月以降の早期の治療を勧めている。

診療内容

同院の美容皮膚科は病院皮膚科の美容医療としては草分け的存在であり、1998年から美容医療を開始し、2004年には美容皮膚科を専門外来として設置し、その実績が高く評価されている。長濱医師は美容医療を開始した当初から中心的な存在となって同科を牽引、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医であり、数少ない美容皮膚科レーザー指導専門医としての専門性を発揮して、ケミカルピーリングや最新のレーザー機器等を駆使したプロフェッショナルケアを提供している。
レーザー治療がメインで、種々の疾患(赤アザ、青アザ他)の治療を行っている。また、同科では多種のレーザーを揃えており、長濱医師が施術している。設置しているレーザーはQスイッチ付きアレキサンドライトレーザー、Qスイッチ付きNd:YAGレーザー、ダイレーザー(Vbeam)、ロングパルスKTPレーザー、ロングパルスYAGレーザー、ダイオードレーザー、ウルトラパルスCO2レーザー、IPL、RFである。患者の状態に応じたレーザーを選択して治療し、効果をあげている。
アザ治療が専門で、赤アザ(苺状血管腫、単純性血管腫、毛細血管拡張など)、青アザ(太田母斑、後天性真皮対称性メラノサイトーシス、異所性蒙古斑など)や外傷性刺青の治療を行っている。そのほかホクロ除去や皮膚良性腫瘍に対するレーザー治療も行っている。
同院では小児のアザに対するレーザー治療を乳児期より積極的に行っている。小児のアザに関しては、生後1ヶ月からの治療が可能であり、特に赤アザの治療は治療効果の点から長濱医師は出来るだけ早期治療開始を勧めている。小児のアザ治療は診断が難しい場合も多く、確かな診断と診断に基づいた治療が行われている。
「一部のアザに関しては旧来の考え方で放置、経過観察される場合も多いのですが、レーザー治療することでもっと早くよくなることができます。レーザー治療は生後1カ月から治療が可能で、赤ちゃんの頃に始める方がメリットがたくさんあります」と長濱医師は話す。
早期治療には、皮膚が薄くレーザーがよく効く、範囲が小さい、乳児医療が適用される、本人が気にしたり他人に指摘されたりする前に治療終了となる場合があるなどのメリットがある。一部のアザではレーザー治療も保険が適用される。
「当院では疾患ごとにレーザーで治るのか治らないのか、どの程度よくなるのか、その治療法、再発の有無など個々の方に応じた説明を丁寧にさせていただきます。アザの治療は見えない場所でも、見える場所であればなおさら、患者さん本人やご家族の心配も大きいもの。まずは診察、相談されることをお勧めします」(長濱医師)
同院の特徴は小児のレーザー治療では保護者の方の治療見学が可能であること。
「治療中、ご両親が近くにいることで子供さんに安心して治療を受けてもらうだけでなく、ご両親にも子供さんが頑張っている姿を見届けてもらっています」(長濱医師)
そのほか、シミに対してはレーザー治療やルミナスONEによるフォトフェイシャル治療、シワに対してはRF治療やヒアルロン酸注入治療をアンチエイジング療法として行っている。
フォトフェイシャル治療は主に紫外線によってダメージを受けた肌、シミ、そばかす、赤ら顔(毛細血管拡張)、くすみなど光老化と言われる現象の改善に効果がある。治療後はレーザー治療のように薬を塗ったり、絆創膏を貼る必要はなく、メイクをして帰宅できる。施術後は日焼け止めクリームを使用して遮光と保湿を心掛ける。
1クールは月1回、半年間(計6回)の治療を行う。効果には個人差もあるが、1クールの治療でくすみやシミが薄くなり、肌が若返り、本来の素肌美を取り戻すことも可能である。1クール終了後はそのまま継続してもよく、断続的な通院でもよい。若干の痛みはあるが、とくに麻酔の必要ない。くすみがとれ、肌全体の透明感がアップするほか、キメも細やかになる。「肌が若返った印象を持たれる方が多いですね」と長濱医師。

医師プロフィール

1993年 大阪医科大学卒業、神戸大学医学部附属病院皮膚科入局、研修医
1994年 神戸大学医学部大学院医学研究科入学
1998年 同卒業、博士号取得、神戸百年記念病院皮膚科医師、日本皮膚科学会皮膚科専門医取得
2000年 神戸百年記念病院皮膚科医長
2001年 Dermatology Associates of San Diedo County フェロー (美容皮膚科学、レーザー治療専攻) 、神戸百年記念病院皮膚科医長
2008年 日本皮膚科学会認定、美容皮膚科・レーザー指導専門医
2010年 神戸百年記念病院皮膚科・美容皮膚科部長
現在にいたる

「美容皮膚科」を専門とする医師