山本有紀 医師 (やまもとゆき)

和歌山県立医科大学附属病院

和歌山県和歌山市紀三井寺811-1

  • 皮膚科
  • 准教授、病院教授、皮膚外科主任、副科長

美容皮膚科 皮膚科

専門

腫瘍皮膚外科、ケミカルピーリング

山本有紀

皮膚外科治療、およびケミカルピーリングにおけるエキスパート。美容目的はもちろんのこと、皮膚がん治療としてフェノールを用いるケミカルピーリングにも詳しい。日本美容皮膚科学会が医師向けに作成する「ケミカルピーリングガイドライン」の初版からの執筆者の一人でもある。やけどや潰瘍の治療に用いる人工皮膚といった最新治療の開発・研究にも取り組むほか、学会での研究発表、厚生労働省プロジェクトへの参画、製薬会社との共同調査など、研究者としても多数の実績をもっている。

医師プロフィール

1990年3月 高知医科大学 卒業
1999年 和歌山県立医科大学医学部 助手
2004年 和歌山県立医科大学医学部 講師
2007年 和歌山県立医科大学医学部 准教授
2015年11月 和歌山県立医科大学 病院教授
(更新日:2019年9月10日)