須賀康 医師 (すがやすし)

順天堂大学医学部附属浦安病院

千葉県浦安市富岡2-1-1

  • 皮膚科
  • 科長

美容皮膚科 皮膚科

専門

魚鱗癬、掌蹠角化症、表皮水疱症、白斑、美容皮膚科など

須賀康

須賀康医師は角化症、水疱症、色素異常症(特に白斑)など難治性皮膚疾患の病態と治療が専門である。他にアトピー性皮膚炎の紫外線治療、天疱瘡に対する血漿交換療法・免疫グロブリン大量療法、重症乾癬に対する生物製剤治療なども行っている。美容皮膚科の分野では光・レーザー療法、ニキビ治療、保湿や紫外線防御などのスキンケア、アンチエイジング医療に詳しい。

診療内容

「皮膚のトラブル、症状に関することであれば何でも当科でご相談下さい。医局員一同で“説明と納得”の治療を行ってまいります」と須賀医師は語る。
現在、外来診療は、午前3診、午後2診の体制をとっている。一日の平均外来患者数は約180~200名であり、患者数が最も多い診療科である。新患は随時受け付けているが、継続した通院を希望する人に対しては平日に予約制をとっている。不明な点があれば気軽に問い合わせを。また、外来の治療方針について、須賀医師は次のように述べている。「まず、第一に皮膚疾患の全般を対象に診療を行い、地域の基幹病院としての役割を果たしています。第二に、正確な診断のため、アレルギー疾患では血液検査、パッチテスト、真菌疾患(水虫、タムシ)には顕微鏡検査、皮膚腫瘍にはダーモスコピーや皮膚生検術などを積極的に行います。診断・病態・検査結果はできるだけわかりやすく的確に伝えするように努力してまいります」。そして第三の方針として「外来診療では治療ガイドラインに基づいたエビデンスのある”標準治療”を行うことを目標としている」とのことである。外用・内服療法の指導、紫外線療法、エキシマライト療法、レーザー療法、手術療法、ケミカルピーリングなどをそれぞれの病態に合わせて行っている。
初診の場合は「お薬手帳」などを持参すると問診が確実でスムーズである。また、皮膚の異常部位を確実に診察できる「着脱しやすい服装(顔の場合は化粧を落として)」で受診するとよい。

医師プロフィール

1987年3月 順天堂大学医学部 卒業
1992年3月 順天堂大学医学部大学院 卒業
1995年4月~1998年7月 米国テキサス州ベイラー医科大学に留学、帰国後は順天堂大学皮膚科の講師、助教授を経て
2007年4月 順天堂大学浦安病院皮膚科学教授、同 大学院教授
2009年4月 順天堂大学医療看護学部教授(併任)

「美容皮膚科」を専門とする医師