大野新一郎 医師 (おおのしんいちろう)

ほしあい眼科

埼玉県さいたま市緑区大字大門字内町4295

  • 眼科

眼科

専門

神経眼科、斜視弱視、ぶどう膜炎

大野新一郎

日本では、数少ない神経眼科専門医である。眼瞼痙攣においては、ボツリヌス毒素療法をメインとする。
 視神経疾患・甲状腺眼症・重症無力症の治療に力を入れるほか、斜視弱視も得意分野であり、小児から成人の斜視、また麻痺性斜視に対する手術療法も積極的に取り入れている。神経眼科分野だけでなくぶどう膜炎や網膜硝子体疾患の治療も行い、眼科的に多方面からアプローチを心掛ける。ドライアイの治療も行っている。

診療を受けるには

大野医師の診察は、月によって変更があるため、病院ホームページを参照。

医師プロフィール

1998年 岩手医科大学医学部 卒業
1998年 佐賀医科大学眼科学教室入局
2010年 兵庫医科大学眼科大学院修了、佐賀大学医学部眼科助教
2012年 佐賀大学医学部眼科講師
2013年 ハーバード大学ボストン小児病院 博士研究員
2015年 佐賀大学医学部眼科講師 復職
2018年 ほしあい眼科

所属学会

医学博士、日本眼科学会専門医、ボトックス認定医

日本神経眼科学会(評議員)、日本斜視弱視学会会員、日本眼科学会会員、日本ボツリヌス治療学会(代議員)、日本眼炎症学会会員、日本臨床視覚電気生理学会会員

医師発信欄

ほしあい眼科:http://www.hoshiai-ganka.com/
(更新日:2018年4月2日)