中馬秀樹 医師 (ちゅうまんひでき)

宮崎大学医学部附属病院

宮崎県宮崎市清武町木原5200

  • 眼科
  • 副科長、准教授、病院教授

眼科 神経内科 小児科

専門

神経眼科、緑内障、小児眼科、眼神経薬理学的研究

中馬秀樹

宮崎大学医学部附属病院眼科は、眼科領域の各疾患に対して高度かつ特徴的な医療を掲げ、治療成績の向上に努めており、中馬秀樹医師は神経眼科・小児眼科・緑内障分野の専門家として治療にあたっている。日本神経眼科学会の眼瞼けいれん診療ガイドライン委員会のメンバーも務め、2011年度の同ガイドラインの策定に参加。これは、関係者の同疾患への理解を深め、患者の掘り起こし及び治療促進を目的とする。中馬医師は2012年、その研究業績から日本眼科学会評議員会賞を受賞。治療・研究の第一線で活躍中である。

医師プロフィール

1990年3月 宮崎医科大学医学部 卒業
1996年6月 宮崎医科大学医学部 助手
1998年2月 宮崎医科大学眼科学博士号取得
1999年4月 宮崎医科大学医学部講師
2002年4月 宮崎医科大学医学部助教授
2003年10月 宮崎大学医学部助教授
2008年4月 宮崎大学医学部准教授
2012年12月 宮崎大学医学部附属病院 病院教授
(更新日:2014年7月9日)