高崎智彦 医師 (たかさきともひこ)

神奈川県衛生研究所

神奈川県茅ヶ崎市下町屋1-3-1

  • 所長

内科 感染症科

専門

デングウイルス、日本脳炎ウイルスなど昆虫が媒介するウイルス感染症

高崎智彦

デングウイルス、日本脳炎ウイルスなど昆虫が媒介するウイルス感染症を専門とする、感染症のエキスパート。現在、診療は行っていないが、検疫所では黄熱ワクチンの接種などにも携わる。

診療を受けるには

デング熱を疑われる場合、実験室診断は当室で受け付けている。ウイルス分離を目的としており、発熱期の血清(凍結保存状態)および回復期の血清をペアーで送ること。詳細は電話かメールにて連絡(ホームページを参照 )

医師プロフィール

1982年 大阪医科大学卒業、 臨床研修(耳鼻咽喉科)後
      大阪府済生会中津病院耳鼻咽喉科医員
1987年~米国 UCLA にて HIV 研究に従事
1989年 大阪医科大学助手(耳鼻咽喉科学)、ユニチカ中央病院耳鼻咽喉科医長を経て
1991年 近畿大学医学部細菌学教室講師
1998年 国立感染症研究所 ウイルス第一部 室長(現職)
2016年4月 神奈川県衛生研究所 所長

所属学会

日本ウイルス学会常任理事、日本感染症学会評議員、耳鼻咽喉科専門医、ウエストナイルウイルス防疫技術検討会専門委員、日本脳炎ワクチン製造承認専門委員

医師発信欄

You Tube:https://www.youtube.com/watch?v=QrV9rWGbRSg
日経メディカル「なぜデング熱は代々木公園で流行したのか」:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201501/540338.html
感染症の話:http://www2.pref.iwate.jp/~hp1353/kansen/hanasi/420.pdf
神奈川県衛生研究所:http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/index.html
(更新日:2016年1月1日)