永久歯が生えるときの障害

 ほとんどは第三大臼歯(智歯〈ちし〉:親知らず)の場合にみられます。智歯が生えるのは一般に成長期が終わったあとで、生えるための場所が足りないために埋もれたままであったり、一部が埋もれていたり(埋伏〈まいふく〉)、横向きであったりすることがあります。

 智歯が生え始めると歯をおおっている歯肉は炎症を起こしやすく、歯肉がはれ、痛みが出て、場合によっては口があきにくくなったりします(智歯周囲炎)。正しい位置、方向に生えていない智歯は、まわりの歯肉がくり返し炎症を起こしやすいので、最終的には抜歯をすることになります。
医師を探す