扁平苔癬〔へんぺいたいせん〕

 さまざまなかたちの白斑(はくはん)を伴った慢性炎症性の病気で、治りにくいものです。口の粘膜だけにみられるものと皮膚にもみられるものがあります。原因ははっきりしませんが、金属アレルギー、精神的ストレス、免疫機能異常、C型慢性肝炎などとの関連が注目されています。

 中高年の女性に多く、できやすいのはほおの粘膜です。線状、網状、レース状などのさまざまなかたちの白斑と赤みの強いところがみられ、刺激による痛みを伴っています。経過が長く、治りにくいのも特徴です。

[治療]
 原因となっている刺激を除去して、経過観察をおこないます。治りにくいものでは副腎皮質ステロイド薬含有の軟膏(なんこう)が効果的なことがあります。
医師を探す