口腔カンジダ症〔こうくうかんじだしょう〕

 幼児や高齢者などで体力や免疫(めんえき)力が低下したときに、口の常在菌であるカンジダの増殖により起こります。成人でも疾患などにより起こることがあります。小白斑が口蓋(こうがい)、ほおの粘膜、舌に広範に散らばってみえます。除去することは可能ですが、除去した表面は赤くただれていることがあり、痛みがあります。


[治療]
 体力の低下がはっきりしている場合、まずは体力の回復のため十分な休養と栄養が必要です。また、抗真菌薬含有のうがい薬や軟膏(なんこう)が有効なことがあります。口腔カンジダ症
医師を探す